つめみこブログ

マイルをつめで拾ってみでこぼす。略してつめみこブログ。SFC修行やマイラー活動やその他色々。

【ふるさと納税】ANAのふるさと納税でSKYコインをゲット出来た千葉県芝山町の話【2017/12/18終了】

f:id:tsumehiromikobo:20170105072331p:plain

これまで何度か、マイルの溜まるふるさと納税について紹介したりしてきました。その中で注目していた「ANAのふるさと納税」ですが、ここにきて修行僧に人気の出そうな自治体が登場しました。それが、芝山町です。今回はここにズームイン!*1

※2017/12/10追記※

2017/12/18午前10時をもって、ANASKYコインの返礼品はなくなってしまうようです。

 

 

 

 

芝山町について

まずは自治体紹介。

地理など

千葉県山武郡にある芝山町(しばやままち)は国際空港特区にも認定されている町です。

芝山町 - Wikipedia

成田空港の南部に位置するこの町内の一部は空港の敷地に含まれており、また町の大部分は航空機が上空を通過するために騒音被害が大きい区域の1つです。空港に近い立地のため物流拠点として企業進出も多い他、人口の3割は農業を営んでいるとの事。

見どころ

成田空港に近い事も有り、航空科学博物館が開館している他、厄・火事・泥棒除けの御利益のある芝山仁王尊観音教寺や、芝山古墳・はにわ博物館も見どころのようです。

 

 

芝山町のふるさと納税

芝山町の返礼品

さて本題です。

芝山町も2016/4/1よりふるさと納税の返礼品を用意し始めました。そして2016/12/1より、ANAのふるさと納税の参加自治体ともなりました。

 

なお、ANAのふるさと納税に付いてはこちらの記事などで解説してます。

 

そんな芝山町の返礼品に、俄然注目です。

f:id:tsumehiromikobo:20170105181357p:plain

f:id:tsumehiromikobo:20170105181400p:plain

な、なんとSKYコインが返礼品として用意されているではありませんか!

 

ANAのSKYコインとは

一応、知らない方に簡単に説明しますと、SKYコインはANAでしか使えない仮想通貨のようなものです。航空券や旅行パックなどの代金に、1コイン=1円として充てる事が出来るんですね。

このSKYコインの獲得方法としては、例えばSNSへの投稿があります。

これは1回5〜25コインがもらえます…しょっぱいですね。

もう1つは、ANAマイルを交換する方法です。

通常は1マイル=1SKYコインと交換出来ますが、一度に1万マイル以上交換するとステータスまたはクレジットカードを取得している事によってそのレートが上がります。詳しくは下の画像をご覧ください。

f:id:tsumehiromikobo:20170105204401p:plain

このように、5万マイルを一度に交換出来れば一番良い率でSKYコインに交換する事が可能となります。

 

SKYコインの用途

ANAマイルは通常、特典航空券と交換するのが一番、マイルの価値を高く利用する事とされます。ではSKYコインには意味は無いのでしょうか?

そんなことはありません。特典航空券を利用してもマイルやプレミアムポイント(PP)は得られませんが、SKYコインを利用して航空券を買った場合はマイルとPPが得られるのです。

 

このPPが貯まる点が、われわれSFC修行僧にとってはとても大事なのは言うまでも無いことですね。この時必要な経費を、陸マイラーは貯めた大量のマイルをSKYコインに交換する事で賄っているのです。

なお、大量のマイルの貯め方については別記事で書いています。

 

実際のところ

話を芝山町に戻しましょう。このSKYコイン、果たしてお得なのでしょうか?

芝山町のSKYコイン還元率
寄付金額(円) 返礼スカイコイン 還元率
40000 10000 25.0%
70000 20000 28.6%
100000 30000 30.0%
350000 100000 28.6%
650000 200000 30.8%
1250000 400000 32.0%

表にまとめますと、やはり寄付額が増えるほど還元率が上がりますね。35万寄付の時だけ、何故か7万寄付と還元率が同じです。寄付可能金額との兼ね合いですが、10万寄付3万コイン獲得の還元率30%が妥当なところでしょうか。

 

この点は、JALのふるさと納税の似たようなサービスと比較すると、平均ラインとしては同じでしょうかね。 それについては以下で解説しています。

JALふるさとへ帰ろうクーポンでは利用出来る路線が限られていましたが、今回のSKYコインはどの路線・価格にも利用出来る点に分があるでしょう。

 

 

他のふるさと納税との比較

気になるのは、他のふるさと納税との比較です。果たしてこのスカイコインは得なのでしょうか?マイル・SKYコインという観点だけからみてみましょう。

ふるさと納税でマイルを獲得する方法については、以下で詳しく紹介しています。

ここでは特にマイル獲得率の高い3つの場合で試算してみましょう。寄付金額は10万で固定。クレジットカード利用時は1%マイル還元として仮定します。また、マイルをSKYコインに交換する時はANAゴールドカードを所持している前提で1.5倍とします*2

 

①楽天のふるさと納税

楽天でのふるさと納税は、通常時であれば1%の楽天スーパーポイントがつきますので、カード決済1000マイル+1000楽天P(=500マイル)で1500マイル、1.5倍の2250SKYコインとなります。

決済に年会費無料の楽天カードを利用する場合はポイントが+3倍なので、3000SKYコインになりますね。

各種キャンペーン時には更にポイントが上昇しますが、一部はANAマイルに交換出来ない期間限定ポイントになるので省略します。

 

②ふるなびグルメポイント

詳細はこちらから。

ポイントサイトで大体1.5%還元なので、1500円相当ポイント、ソラチカルート経由で1350マイル。クレジット利用分1000マイルで計2350マイル、SKYコインにして3525コイン。

 

 

③芝山町のANAのふるさと納税(今回のお話)

ANAのふるさと納税では寄付額の1%のマイルが直接付与されますから1000マイル。更にカード利用で1%の1000マイル。コインに交換して3000コイン、ここに更に30000コインが返礼品として加わり計33000コイン。

 

3つの比較(SKYコインのみ)

  SKYコイン
楽天 3000
ふるなび 3525
芝山町 33000

以上、修行の事だけ考えれば、芝山町のSKYコインは大いに有りですね。ただし、楽天及びふるなびではこのSKYコイン以外にも返礼品があります。返礼品自体の還元率はふるなび(グルメポイント)は30%ありますし、楽天も商品によっては還元率30%は大いに超えてきます。

まぁ、ふるさと納税をするだけで減税になるわけですから、返礼品の還元率は気にしないのが本来の姿かも知れませんけどね。

 

 

まとめ

考察の結果、様々な返礼品を求めない、かつSFC修行の費用を極力抑える、という点で今回の芝山町の返礼品「ANA SKYコイン」は有用である可能性が出てきました。

「極力費用を抑えたい、でもマイルはまだそんなに貯まってないんだよな」という方にとっては、1つの選択肢としてアリかもしれませんね。

 

2017年のSFC修行はまだ始まったばかりですが、あの手この手で安さを求める方の参考になれば幸いです。

 

※2017/12/10重要追記※

残念ながら、この芝山町のSKYコインの返礼品は2017/12/18をもって終了となります。

furusato.ana.co.jp

f:id:tsumehiromikobo:20171210131941p:plain

(スクショ)

 

残念ではありますが、ほぼ現金同様に使えると言う事で規制が入ったのでしょう。残り僅かですが、2017年の駆け込みを考えて居られる方はお早めに。 

 

*1:年齢がバレる

*2:本来は一度に50000マイル以上でなければこのレートになりません、あくまで仮定です

Sponsored Link