読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つめみこブログ

マイルをつめで拾ってみでこぼす。略してつめみこブログ。SFC修行やマイラー活動やその他色々。

1年間で20万マイル以上貯める方法 初級編その⓪ 4つのステップで大量マイル獲得

f:id:tsumehiromikobo:20161207200636p:plain

飛行機を利用する人が、欲して止まないもの、それが「マイル」です。

ここでは大量のマイルの貯め方をざっくり、4ステップでお教えしましょう。

たった4ステップです。これを繰り返す事で、確実にマイルは貯まっていきます。

基本的にはANAのマイルの貯め方についての話ですが、JALのマイルを貯める事ももちろん出来ます。

 

では、早速参りましょう〜

 

 

 

ステップ①

ポイントサイトを利用する

前置き

大量のマイルを貯めるには、一般的な貯め方である、「飛行機に乗る」や「クレジットカードを使う」ではほぼ不可能です。

年100回以上飛行機に乗ったり、クレジットカードを年間1000万円以上決済出来るなら、確かにそれなりにマイルは貯められるでしょう。

しかし、そんなことが出来る人は少数ですし、仮に出来たとしてもせいぜい数万マイル程度。

 

一方、ポイントサイトを利用すれば、より少ない投資で、より多くのマイルを獲得する事が可能なのです。

ポイントサイトを利用してマイルを貯めている人々の事を、通称「陸マイラー」と呼んでいます*1が、彼らは年間20万近いマイルを貯めています。実際にわたしも、1年で20万マイルを貯める事が出来ました。

しかも、出費は1000万円なんて不要。せいぜいが数万円から数十万円ですし、とことん頑張れば無料でだって数万マイルは簡単に貯められるのです。

 

ポイントサイトとは

ポイントサイトと言うのは、RPGで言うところの「ギルド」みたいなものでしょうか。「これこれこういうことをしてくれたら、報酬をあげるよ」という、ミッションを提供してくれる会社のことです。

ミッションは多岐にわたります。「どこどこで買い物をしなさい」「クレジットカードを発行しなさい」「FX投資したら報酬大きいよ」こんな感じです。ミッションの難易度に応じて、報酬は変化しますし、たまにキャンペーンが行われると同じ案件であってもいつも以上のボーナス報酬がもらえたりします。

 

基本的にはミッション(これを通常、案件と呼びます)を行う際に費用はかからないか、かかったとしてもそれ以上の報酬を得られます。この報酬は現金やそれに準じたものとして受け取る事も可能ですし、少し遠回りにはなりますが最終的にマイルとして受け取る事も可能です。これが、大量のマイルを貯めるカラクリです。

 

ハピタス

数あるポイントサイトの中で初心者に一番オススメなポイントサイトが、ハピタスです。 

オススメの理由としては、

  • サイトが見やすくわかりやすい
  • 案件が多く、報酬=ポイントも平均的に高い
  • 定期的*2にポイント増量案件が出る
  • 交換に必要なポイントが少ない
  • 買い物保証がある
  • 問い合わせの対応が早い(主観)

というのが挙げられます。

 

最終的に陸マイラーは、より良い報酬を求めて比較していくため、複数のポイントサイトに登録するのが常になりますが、初心者のうちは1点集中の利用が良いでしょう。

というのも、ポイントサイトで得た報酬を利用するには、ある一定額以上報酬を貯めてからでないと出来ないからです。複数のポイントサイトを利用すると報酬が分散してしまい、利用するまで時間がかかってしまいます。報酬を直ぐに得られないと、モチベーションが下がってしまいますからね。

ハピタスについては、この記事で更に詳しく解説します。

ある程度、ハピタスの利用に慣れてきたら、次のポイントサイトを探してみましょう。

 

 

話を戻して、ポイントサイトの提示する案件をこなしていくと、そのうちポイントが貯まって行きます。そのポイントはもちろん、現金として利用する事も可能です。しかし、陸マイラーが欲しいのは現金よりもマイルです。最終的にはその獲得したポイントをマイルにするために「交換」する必要が出てきます。

その交換先として大事なのが、次に紹介する「ドットマネー」です。

 

 

ステップ②

ドットマネーにポイントを移行する

ドットマネー

 

f:id:tsumehiromikobo:20161218092639p:plain

(.moneyより)

 

.money(ドットマネー)はAmeba社が運営するポイント中継地点です。

各種ポイントサイトで得られた報酬=ポイントは、そのポイントサイト内で直接マイルに交換する事も可能だったりしますが、その際にはレートが悪くなってしまいます。ポイントの価値を下げずにマイルを獲得する、一番良い方法が、ドットマネーを中継することなのです。

 

 

ドットマネーはそれ自体にも、ドットマネーモールというポイントサイトを持っています。したがって、ハピタスを使わなくても良いのではないか、という意見もあるでしょう。

しかし、わたしが利用した限りでは、あまり使い勝手が良くないと感じました。報酬獲得予定が付かない事が多かったり、実際にポイントが付与されるまでの期間が長かったりと、利用者をやきもきさせる点が多かったので、初心者にはオススメしません。

 

ドットマネーポイントを更に移行する

ハピタスで得たポイントをドットマネーに交換・中継したら、今度はまたそれを交換します。

JALのマイルが欲しければ、JALマイルに直接交換するのが通常、一番わりが良いです*3。その際のレートは500マネー→260JALマイル、と交換率52%となります。

 

一方、ANAのマイルにしたい場合は、決して直接ANAマイルに交換してはいけません。ドットマネーにおける、ANAマイルへの直接交換のレートは300マネー→85ANAマイル、交換率28%でまったくもって損です。

ANAマイルが欲しい場合は、いわゆる「ソラチカルート」と呼ばれる、メトロポイントを経由する方法が一番良いです。

 

 

ステップ③

ANAマイルはソラチカルートを使って貯める

メトロポイント

「ソラチカルート」というのは、各種ポイントサイトで獲得したポイントを、最終的に「メトロポイント」と呼ばれるポイントに移行することを総称します。メトロポイントは「To Me Card」と呼ばれる、東京メトロと提携しているクレジットカードの独自ポイントなんですね。

先ほどのドットマネーも、そっくりそのままメトロポイントに移行する事が出来ます。メトロポイントを利用するには「To Me Card」のいずれかを持つ必要があるのですが、その時絶対に持つべきなのが、「ANA To Me Card PASMO JCB」、通称「ソラチカカード」です。

 

ソラチカカード

通常、メトロポイントをANAマイルに交換すると、60%の交換率となります。300ポイントあれば、180ANAマイルになるというわけですね。

60%の交換率は、JALマイルの交換率より高いのでお得に見えますが、この交換率を更に上げる方法があります。それが、「ソラチカカード」です。

 

なんと、ソラチカカードを持っているだけで、この60%の交換率を、90%に上げる事が可能なのです!

 

ソラチカカードは年会費2000円+税*4で持てるカードです。この高交換率は、年2000円を払ってでも手に入れるだけの価値があります。ANAマイルを大量に貯めたければ、東京メトロが運行する首都圏以外に住んでいる方も必ず持っておくべきです。

 

 

ステップ④

メトロポイントをANAマイルに交換する

ソラチカカードを持っていて、各種ポイントサイトで得たポイントをメトロポイントに交換したのなら、ゴールはもう目前です。メトロポイントをANAマイルに交換しちゃいましょう。

200メトロポイントは180ANAマイルに交換出来ます。1ヶ月に1回しか交換出来ない事、1回の上限が20000メトロポイントである事、という2つの難点はありますが、それに目をつぶるだけの価値が、ソラチカルートにはあります。

1ヶ月後に、メトロポイントはめでたくANAマイルとしてあなたの手元に入ってきます。楽しみに待ちましょう。

 

 

まとめ

ANAのマイルを貯める方法

4つのステップを、ここでまたおさらいしましょう。

  • ステップ① ハピタスで案件をこなしてハピタスポイントを獲得する
  • ステップ② ハピタスポイントをドットマネーポイントに交換する
  • ステップ③ ドットマネーポイントをメトロポイントに交換する
  • ステップ④ メトロポイントをANAマイルに交換する(要ソラチカカード)

以上です。このたった4つのステップを繰り返すだけで、大量のANAマイルを貯める事が出来ます。

 

JALのマイルを貯める方法

一方、JALのマイルを貯める場合は、工程が1つ減ります。

  • ステップ① ハピタスで案件をこなしてハピタスポイントを獲得する
  • ステップ② ハピタスポイントをドットマネーポイントに交換する
  • ステップ③ ドットマネーポイントを直接JALマイルに交換する

たった3ステップで、大量のJALマイルを貯める事が可能です*5。 

 

 

まとめのまとめ 

ざっくりした解説は以上です。だいたいの流れを、把握する事は出来たでしょうか?

1年で20万マイル以上貯める、それは決して難しくはありません。

各工程を、もっと詳しく見たい!という方は、初級編その①でお会いしましょう。では、また。

*1:読みは「おかまいらー」でも「りくまいらー」でも可

*2:週1〜2回

*3:ただし、dポイントを経由してJALマイルにする方法が期間限定ですが一番良いレートになります。待機出来る人はその期間を座して待ちましょう

*4:初年度無料

*5:繰り返しになりますが、期間限定でdポイントルートを利用する場合はもう1ステップ必要となりますが、ここでは省略します

Sponsored Link