つめみこブログ

マイルをつめで拾ってみでこぼす。略してつめみこブログ。SFC修行やマイラー活動やその他色々。

nanacoを使い倒そう

わたしがポイントやらマイルやらを貯め始めるきっかけになったのがnanacoの存在です。使い方を教えてくれた友人にホント感謝です。
備忘録も兼ねて、nanacoの使い方をメモしてみます。

 

 

nanacoとは

f:id:tsumehiromikobo:20160506174022j:plain

まずnanacoについて。

nanacoは(株)セブン・カードサービスが提供する電子マネーです。

 電子マネーと言えば、楽天EdyやSuicaなどの交通系カード、WAONなどが他にあります。店舗によって使用できる電子マネーが異なったり、使用でポイントがつく場合もあります。

nanacoは主にセブン&アイ系列の各店で使用できます。最近少しずつ、使用できる他の店舗も増えてきていますが、大手コンビニではセブンイレブンしか使用できないなど他の電子マネーと比較すると守備範囲は狭いです。

nanacoを使用すると100円につき1ポイント、nanacoポイントがつきます*1。このnanacoポイントは等価でnanacoとして使用できる他、0.5倍のANAマイルまたは等倍のANA SKYコインに交換する事が出来ます。

 

 

税金が払える電子マネー

さて、こんなnanacoの最大の特徴と言ってもいいのが、収納代行に利用できると言うものです。最近はWAONも収納代行サービスとして利用可能になりましたが(一部ミニストップ店舗のみ)、1回5万円までしか対応していません。
一方のnanacoは、最大で5万円*5枚=25万円以内でしたら、1回の支払いに複数枚のnanacoを使用して支払う事が出来ます*2
高額の支払いが出来ると何が便利なのか。それは税金や国民年金の支払いが出来ると言う事です。

 

住民税、所得税、固定資産税などの税金や国民健康保険料など、バーコード付きの納付書*3であれば、セブンイレブンでnanacoでの支払いが可能です。これらの金額は多くの場合大きいため、nanacoを使用する事で多くのポイントを得る事が出来るのです。

 

とは言っても、いつものように利用額に応じてnanacoポイントが直接貯まる訳ではありません。nanacoのチャージ額に対して、クレジットカードのポイントがつくだけです。いわば、間接的なポイント還元ですね。

したがって、現金でnanacoにチャージしても意味はありませんし、nanacoにチャージした時にポイントがつかないクレジットカードでもいけません。そこが、少し厄介なところです。

ただし、税金や健康保険料というのは必ず払わなくてはいけないものです。通常はクレジットカード払いできない*4これらを間接的にでも支払えると言うのは凄い事だとは思いませんか?

 

nanacoにチャージしてポイントが貯まるクレジットカード

ではどのクレジットカードがnanacoにチャージできるのか。正確には、チャージした時にポイントがつくクレジットカードは何か。選択肢はそんなに多くありません。

 楽天カード(JCB)、Yahoo! Japan カード(JCB)

f:id:tsumehiromikobo:20160508105327p:plainf:id:tsumehiromikobo:20160508105207p:plain

(※画像引用:各公式サイト)

どちらも年会費無料のカードです。それぞれ、nanacoのチャージで1%の楽天スーパーポイントまたはTポイントがつきます。どちらも関連サービスでの使い勝手が良いので、どちらかを使ってる人は多そうですね。

どちらもVISAブランドがありますが、JCBでないとポイントがつかないようなので注意が必要です。どちらのポイントも、0.5倍のANAマイルに交換可能です。

※重要追記(2017/9/21)※

これまでnanacoチャージで1%相当のポイントが付いた楽天カード(JCB)ですが、2017年11月よりポイント付与対象外となります(以下画像+文)。

f:id:tsumehiromikobo:20170921201858p:plain

11月ご利用分(※1)の「楽天カード利用獲得ポイント」進呈より、今後下記ご利用分がポイント進呈の対象外となります。

【対象外となるご利用】
・nanacoクレジットチャージ
・モバイルSuica(※2)
・モバイルSuica年会費
・モバイルSuica(Apple)(※3)
・スマートICOCA(※4)

※1 2017年10月31日(火)以前のご利用分でも2017年11月5日(日)時点で楽天カードに売上情報が届いてないものはポイント進呈対象外になります。
※2 モバイルSuicaご利用分には、電子マネーへのチャージのほか、モバイルSuicaで購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※3 モバイルSuica(Apple)ご利用分には、モバイルSuicaからApple Payでチャージする電子マネーのほか、モバイルSuica(Apple)で購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※4 電子マネーへのチャージのほか、ICOCA発行再発行等も含まれます。

Yahoo!Japanカードの方はまだチャージでポイント付きますが、いずれ改悪されるかもしれませんね…。

 

リクルートカード(JCB/VISA/MasterCard)

f:id:tsumehiromikobo:20160508105831j:plain

年会費無料です。どのブランドでもnanacoチャージでポイントが付きますが、VISA/MasterCardブランドなら楽天Edyへのチャージでもポイントがつくので、クレカ枚数を増やしたくない人はこっちがいいでしょう。

ポイント還元率は1.2%で、無料で持てるカードでは破格の高率です。付与されるリクルートポイントはpontaポイントと等価交換でき、これは0.5倍のJALマイルに交換可能です。つまり、実質マイル還元率は0.6%となります。

 

 
(終了予定)ECナビカードプラス

f:id:tsumehiromikobo:20160817211834j:plain

以前は一番ANAマイルが貯まるカードとされてきた、ECナビカードプラスですが、2017/10/1以降のチャージ分からポイント付与対象外となってしまいました。還元率最大1.17%の優良カードだったんですけどね…

参考記録として載せておきます。

 

 

以上2種が、マイル還元率の高いクレジットカードになります。nanacoにチャージしてポイントがつくカードはもう少しありますが、その還元率は0.5%以下のものが殆どです。もちろん、カードごとの特徴があるので利用環境によってはより良いカードもあるでしょうが、nanacoチャージにしか使用しない前提のここでは紹介しません。

 

 

チャージの注意点

これらのクレジットカードでチャージした時の注意がいくつかあります。

まずはクレジットカードの登録です。クレジットカードでのチャージをするにはnanacoの公式サイトから利用するカードを登録する必要があります。これが時間がかかり、カード発行から10日程度経って初めて登録できるのですが、そこから更に24時間経たないと利用が出来ません。面倒くさい。

■クレジットチャージのご利用制限
クレジットチャージには、ご利用いただける回数や金額に制限がございます。
ご利用の際は、ご注意ください。

・クレジットチャージはnanaco番号毎に 1ヵ月間では回数で15回 合計金額で20万円迄、また1日では回数で3回迄のご利用が可能です。
※1ヵ月とは、月初(1日)~月末(各月末日)まで。1日とは、0:00~23:59までとなっております。

・1回で、クレジットチャージできる金額は、5,000円以上、1,000円単位で29,000円迄となります。

・nanacoカード、またはnanacoモバイルにチャージできる上限額は、50,000円です。

次にチャージの制限です。上記の通り、回数と金額に制限があります。高額な利用予定がある場合は、前月のうちにあらかじめnanacoをフルチャージしておく必要があります。また、現金だと1000円からチャージできますが、クレカだと最低金額が5000円とハードルを上がります。

更に、1枚のクレジットカードでは1枚のnanacoにしかチャージできません。実際にはモバイルnanacoは別扱いなのでチャージできるんですが、1回あたりの利用可能最大枚数である5枚(25万円相当)を満たすにはクレカが最低2枚必要になります。最大限に恩恵を与るには所持すべきクレカの枚数が増えてしまいます。

とは言え、上に挙げた3種のクレカはどれも年会費無料ですから、全て持っていても良いかもしれませんね。

 

 

nanacoで買えるあんなもの

QUOカード

nanacoで買えるものの1つにQUOカードがあります。

QUOカードは各種コンビニ他、一部の加盟店で使用できるプリペイドカードです。通常は購入するのにクレジットカード払いが出来ません*5が、セブンイレブンでは支払いにnanacoを使用する事が出来ます。間接的に、クレジットカードで支払った事になりますね。
QUOカードのお得なところは、5000円またが10000円のものを買った時にだけ、少し余分に使用可能額が増えるところです。具体的には、5000円のものには70円、10000円のものには180円分のおまけがついているのです。1.8%もお得!

収入印紙

実は収入印紙もnanacoで買えます。収入印紙はあまり使う事はないですが、飛行機で旅行するときにおなじみにパスポート、その発行・更新時に利用します。

詳しくは以下の記事をご参照ください。

都道府県の収入証紙も、一部店舗で扱っているようです。他にも購入できる金券・証紙があるかもしれません。

 

POSAカード

コンビニなどで売られているギフト券です。レジを通さないと有効にならないもので、AmazonギフトやiTunesギフトなどが有名ですね。各種ありますが、それらを購入する事が可能です。

Amazonギフトはweb上でクレジット決済出来るのでわざわざnanacoで購入する理由はありませんが、楽天ポイントカードは別です。というのも年に数回、セブンイレブンでこのバリアブルカード*6を一定額購入するとおまけで楽天ポイントが付与される、というキャンペーンを度々やっているからです。

対象となるコンビニがキャンペーン開催毎に異なりますが、セブンイレブンを利用するものの場合にはnanacoで購入する事で+αの得をする事が出来ます。

 

 

まとめ

あんまりまとまっていない感じもしますが、バーコードつきの振込書を沢山使う人はnanacoを利用すべきです。6月には住民税の分割1期の支払いがありますし、まだnanacoを使っていない人は今のうちに準備してはいかがでしょう。

また、コンビニや本屋の利用が多い人も、QUOカードで支払う事でポイント還元率を高める事が出来ますので、そちらもご検討くださいな。

 

 

Yahoo!JAPANカードはJCBブランドのみ、ポイント付与対象です。

公式サイト 

 

リクルートカードはJCB/VISA/MasterCardのどのブランドでもポイント付与対象となります。Edyにもチャージしたい人はVISA/MasterCardを選択しましょう。

公式サイト

*1:7&i系列店のみ、他店は1P/200円

*2:残額が0になった後にセンター預かり分を「全額残高確認」するとまた利用できるのですが、それが2枚目として扱われます

*3:30万円以内であれば、通常バーコードがつくようです

*4:東京都の自動車税など、一部自治体では払えるものもあります

*5:ファミリーマート店頭ではファミマTカードで購入できます

*6:1〜50000円の範囲で購入者が金額を選択する事が可能なカードです

Sponsored Link