つめみこブログ

マイルをつめで拾ってみでこぼす。略してつめみこブログ。SFC修行やマイラー活動やその他色々。

【ふるさと納税】『期間限定』は今年も度々ある?JTBトラベルギフトが50%還元!!【おまけもあるよ!】

f:id:tsumehiromikobo:20180104200134p:plain

ふるさと納税でお得な返礼品としてJTBトラベルギフト券があります。

自分用メモを兼ねて、還元率50%の自治体を紹介。

 

 

 

JTBトラベルギフトとは

JTBトラベルギフトとはJTBで使えるギフト券です(そのままですな)。

www.jtb.co.jp

全国のJTBグループの実店舗ではもちろん、電話での申し込みやウェブサイトからの海外ツアー・国内ツアー・国内宿泊のオンライン予約・決済にも利用出来ます。1円単位で利用可能な上に有効期限が10年ネット上で残高確認まで出来る優れものです。

 

欠点は、当たり前ですがJTBでしか利用出来ない点ですね。 

るるぶはJTB系列ですが、残念ながらトラベルギフトは利用出来ません。

 

また、JTB旅行券(ナイストリップ)という、紙幣タイプの旅行券は有効期限がありませんので、こちらを良く利用される方からすれば有効期限があるのはデメリットかもしれません。とはいえ、10年は十分長いので気にする必要はないと思います。

 

 

還元率50%で手に入るのは期間限定!!

さて、そんな素敵なJTBトラベルギフトがなんと還元率50%で手に入ってしまいます。

furu-po.com

検索すべきはふるさと納税ポータルサイトの一つ『ふるぽ』。

実はこのふるぽ、JTB西日本が運営しているポータルサイトなんですね。そのため、JTBや系列企業のるるぶに関連する返礼品を多く取り扱っています。

今回のJTBトラベルギフトも、おそらくそう言った事情が背景にあるのだと思います。

 

 

ところで、ふるさと納税をしたときに貰える返礼品の正規の値段から、多くの場合還元率を計算する事が出来ます。これを還元率と言ったりする事が多いのですが、2017年4月以降は総務省からのお達しにより、これを30%に制限する自治体が増えてしまいました。

山形県など、一部の自治体はこれに反発して還元率を下げていなかったりしますけどね。しかし、多くの自治体はこのお達しに追従したり、する予定だったりします。

 

そういう意味で、還元率50%でJTBギフト券が手に入ると言うのは現状、とてもお得と言う訳です。

ただし、これに必要な寄付額は最低10万円。家族構成にも因りますが年収700万以上でないと控除が貰いきれません。その点が、ややハードル高目ですね。

 

 

 

2018/1/31までの期間限定でおまけつき!(早期終了の可能性あり)

で、2018年のトラベルギフトは一部自治体ではボーナス返礼品がついてきます。

  • 鹿児島県中種子町:冷凍安納焼き芋500g*4+1個*11袋
  • 鹿児島県南種子町:安納芋5kg、寄付額に応じて増量/黒豚しゃぶしゃぶセットなど追加
  • 鹿児島県大崎町:うなぎ2尾、寄付額に応じて黒豚や黒毛和牛など追加

寄付額の50%分の返礼品(トラベルギフト)だけでも凄いのに、更におまけまでもらえるなんてお得すぎますね!

金額的に難易度は高いですが、収入の高い方は是非、今年の寄付先として検討してみてください。

 

 

参考です。

ふるぽはいわゆる『JALのふるさと納税』のポータルサイトでもあります。こちらには還元率60%を超える怪物級の返礼品もありますよ。

www.tsumemiko.com

 

還元率は低い(30%)ながらも有効期限なし。ふるなびのグルメポイントという返礼品についてです。 

www.tsumemiko.com

 

ふるさと納税では返礼品だけでなく、他にもポイントやマイルを貯めることが出来ます。折角のシステムですから、更にお得を突き詰めましょう。

www.tsumemiko.com

 

Sponsored Link