読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つめみこブログ

マイルをつめで拾ってみでこぼす。略してつめみこブログ。SFC修行やマイラー活動やその他色々。

2016旅行記 沖縄編④ ヒミツにしておきたいホテル「星のテラスもとぶ山里」

2016年沖縄旅行記も最終回です。
今回の旅行は2泊3日の短期だったので、紹介はこの辺でお終いです。行きたくても行けなかったところは次の宿題ですね。あ〜、どんどん宿題が増えて行く…

 

最終回は、この2泊を過ごしたホテル「星のテラスもとぶ山里」を紹介したいと思います。

 

 

 

星のテラスもとぶ山里

f:id:tsumehiromikobo:20160904083431j:plain

星のテラスもとぶ山里 - 沖縄・本部・やんばるのホテル・ペンション・民宿

外観はこんな感じ。2015年8月にオープンしたばかりの新しい宿です。
新しいのですが、早速2016年1〜3月期のじゃらん売り上げベスト③に入っている人気の宿泊地です。

 

 

ウリ

全室禁煙、wi-fi完備、館内スリッパで土足禁など色々ありますが、最大の特徴は全室に完備された直径140cmのジャグジー風呂でしょう。

f:id:tsumehiromikobo:20160904084738j:plain

よく見るとこれ、完全な円形ではなく、微妙にハート型なんですよね。お湯を張ってジャグジーにするとほら。

f:id:tsumehiromikobo:20160904084942j:plain

ハートに見えませんか?カップル受けしそうですよね。
使用しているボディソープ・シャンプーはPOLAのアロマエッセンスゴールド、ここら辺も女子力高い気がします。最上級の部屋、デラックスルームにはこれとは別に長方形のジャグジーもあります。風呂場の窓からは山側・海側、両方の景色を楽しめるそうです。2つもジャグジー風呂があるなんてほんとデラックス。

 

 

室内

わたしが宿泊したのは32平米のスタンダードルーム。

f:id:tsumehiromikobo:20160904085642j:plain

入り口から見た室内。手前に一人用のソファがあります。

f:id:tsumehiromikobo:20160904085648j:plain

全室セミダブルのツインベッドです。大きな部屋には、エキストラベッドも入れられるようです。

f:id:tsumehiromikobo:20160904085655j:plain

洗面台。化粧品を置くスペースが広いです。奥にお手洗い、見えないですが左側に先ほどのジャグジー風呂があります。

f:id:tsumehiromikobo:20160904090016p:plain

写真が全て夜のものだったので、日中の写真を公式サイトから拝借。これはデラックスルームのバルコニーですが、スタンダードルームのもこれほどではないにせよ広かったです。

 

 

館内

f:id:tsumehiromikobo:20160904090629j:plain

フロント脇のロビー。広いです。見えませんが手前右手には厨房があります。

f:id:tsumehiromikobo:20160904090641j:plain

城の間(ぐすくのま)と呼ばれるステージ。特にイベントの案内はありませんでしたが、やろうと思えば小さなコンサートくらいできそう。

f:id:tsumehiromikobo:20160904090656j:plain

レストラン。こちらも奥に厨房がありますが、実際に朝食を作っていたのはロビーの方の厨房でした。ここでは自分たちで料理を作るパーティーとかも出来るんでしょうかね?

 

 

食事

f:id:tsumehiromikobo:20160904091244j:plain

f:id:tsumehiromikobo:20160904091327j:plain

宿泊プランにはどれも朝ご飯がついています。
温かいスープはコーンが粗びきで食感が面白かったです。サラダは地元の野菜を使用、ジュースはシークヮーサーかな?地鶏の卵料理にアグー豚。全粒粉無添加黒パンも2個ついて、朝から満腹です。

夕食は軽食を頼めるようですが、今回は利用しなかったのでわかりません。

 

 

屋上が開放されており、宿の名前にある通り、星が綺麗に見えるそうです。今回は2泊とも遊び疲れていたので、結局屋上には行けずじまいでしたが、風呂場から眺めた空は確かに星が綺麗でした。この周辺ではここが一番明るい施設なので、周りの明かりで星が見えない、なんてことはないと思います。

海側に面した部屋では日中、瀬底島や伊江島なども見えるそうですよ。

 

ここの最大の難点は場所が結構分かり辛いという事。新しい建物なので大概のナビには登録されていません。
近所に「花人逢」という有名なピザ屋があるそうで、そこを目印にすると迷わなくて済むと思います。

ただ、道路がところどころ狭かったり舗装が不十分だったりしますので、日が落ちてからの移動にはご注意ください。

 

 

おわりに

総括すると、とても良い宿でした!従業員の方々も皆親切丁寧で、何も不自由しませんでした。

立地的にも、美ら海水族館まで車で10分程度、今帰仁城跡や古宇利島へのアクセスも良好。大宜味村国頭村へのドライブも日帰り圏内です。
沖縄本島北部を観光するなら、ここを拠点にしてもいいんじゃないでしょうか。

全10室なので、予約されるならお早めに。

 

ちなみに、「星の」と付いていますが星野リゾートとは関係ないです(笑)

 

 

 

 

 2016沖縄旅行記シリーズ

 

全4回の旅行記、如何でしたでしょうか。修行僧にとって沖縄は馴染みのある場所ですが、たまにはとんぼ帰りせずに腰を据えて観光してみてください。
勿論、修行後の楽しみに取っておくのもいいですよ〜

Sponsored Link